Cast キャスト

目高組四代目組長 星泉/橋本環奈

橋本環奈
1999年、福岡県出身。小学校三年生より芸能活動をスタートさせる。「Rev. from DVL」のメンバーとして活躍中の2013年、ファンによって撮影された地元福岡のイベントでの写真がインターネット上で話題を呼び、「千年に一人の逸材」と評判になって全国区の注目を集める。2014年よりスペシャルコラボサポーターをつとめる人気ゲーム「アイカツ!」をはじめ、NHKのイメージキャラクター、雪印メグミルク、シャープ、エイチ・アイ・エス、日清食品、ロート製薬など多彩なジャンルの企業CMに抜擢され、お茶の間にも広く顔を知られる。レスリー・キーの撮影による初の写真集「Little Star ~KANNNA15~」の発表や、連続ドラマ「水球ヤンキース」(CX)に本人役としての出演を果たした2014年は、第21回「ベストスマイル・オブ・ザ。イヤー」に輝いたほか第26回「日本ジュエリーベストドレッサー賞」を史上最年少で受賞。これまでに『奇蹟』(11/監督・是枝裕和)『暗殺教室』(15/監督・羽住英一郎)での映画出演はあったが、『セーラー服と機関銃 -卒業-』が主演デビュー作となる。

浜口組若頭補佐 月永/長谷川博己

長谷川博己
東京都出身。「BENT」で初舞台。「カリギュラ」(07)「ヘンリー六世」(10)「海辺のカフカ」(12)などの舞台に立つ一方、「鈴木先生」(11/TX)で民放の連続ドラマに初出演し、「家政婦のミタ」(11/NTV)「八重の桜」(13/NHK)「雲の段階」(13/NTV)「MOZU」シリーズ(14~/TBS、WOWOW)「デート~恋とはどんなものかしら~」(15/CX)などに出演。2012年にはエランドール賞新人賞、橋田賞新人賞などを受賞する。映画では『セカンドバージン』(11/監督・黒崎博)で第35回日本アカデミー賞新人賞を受賞。その他の主な出演作品は『映画 鈴木先生』(13/監督・河合勇人)『舞妓はレディ』(14/監督・周防正行)『ラブ&ピース』(15/監督・園子温)『進撃の巨人』前後篇(15/監督・樋口真嗣)『この国の空』(15/監督・荒井晴彦)『劇場版  MOZU』(15/羽住英一郎)など。今後も『二重生活』(16/監督・岸善幸)の公開が控えるほか、『シン・ゴジラ』(16/総監督・庵野秀明)への主演も決まっている。

安井/安藤政信

安藤政信
1975年、神奈川県出身。高校在学中にスカウトされ、映画『キッズ・リターン』(96/監督・北野武)のシンジ役でデビュー。同作の演技で第20回日本アカデミー賞新人賞ほか数々の賞に輝く。以後は映画を中心に活動。主な出演作は『バトル・ロワイヤル』シリーズ(00、01/監督・深作欣二)『69 sixty nine』(04/監督・李相日)『46億年の恋』(06/監督・三池崇史)『さくらん』(07/監督・虻川実花)『スマグラー おまえの未来を運べ』(11/監督・石井克人)など。また、台湾映画『セデック・バレ』二部作(11/監督・ウェイ・ダーション)など海外作品へも出演。『GONIN サーガ』(15/監督・石井隆)で二年ぶりに邦画に復帰した。

目高組組員 裕次/大野拓朗

大野拓朗
1988年、東京都出身。2010年に「キャンパスター★H50」でグランプリを受賞し、映画『インシテミル~7日間のデス・ゲーム~』(10/監督・中田秀夫)で俳優デビューを飾る。ドラマ「美咲ナンバーワン!!」(11/NTV)ドラマ「ブルドクター」(11/NTV)舞台「エリザベート」(12)舞台「ヴェニスの商人」(13)ドラマ「熱血硬派くにおくん」(13/NOTTV/主演)ドラマ「三匹のおっさん」シリーズ(14、15/TX)大河ドラマ「花燃ゆ」(15/NHK)ドラマ「LOVE理論」(15/TX/主演)などに出演。主な映画出演作に『LIAR GAME –再生-』(12/監督・松山博昭)『埼玉家族-息子編~ライフワーク~』(13/監督・完山京洪/主演)『秋桜の咲く日』(13/監督・高橋浩/映文連アワード2014文部科学大臣賞)『黒執事』(14/監督・大谷健太郎)『くるみ割り人形』(14/監督・増田セバスチャン/人形アニメーション)などがある。

目高組組員 晴雄/宇野祥平

宇野祥平
1978年、大阪府出身。映画『絵里に首ったけ』(00/監督・三原光尋)でデビュー後、名バイプレーヤーとしてキャリアを重ねる。主な出演作は『婚前特急』(11/監督・前田弘二)『超・悪人』(11/監督・白石晃士)『キツツキと雨』(12/監督・沖田修一)『ぼっちゃん』(13/監督・大森立嗣)『舟を編む』(13/監督・石井裕也)『わたしのハワイの歩きかた』(14/監督・前田弘二)『百円の恋』(14/監督・武正晴)『深夜食堂』(15/監督・松岡錠司)『味園ユニバース』(15/監督・山下敦弘)ほか多数。公開待機作に『俳優 亀岡拓次』(16/監督・横浜聡子)『64-ロクヨン-前篇/後篇』(16/監督・瀬々敬久)など。本作の前田弘二監督とは自主映画時代からの同志で作品には欠かせない顔である。

刑事 真淵/古舘寛治

古舘寛治
大阪府出身。劇団青年団及び劇団サンプルに所属し、舞台を中心に活動する一方、『このすばらしきせかい』(06/監督・沖田修一)などの映画に出演。ドラマ「リーガルハイ」(13/CX)への出演で一躍知られる。主な出演映画は『マイ・バック・ページ』(11/監督・山下敦弘)『ミツコ感覚』(11/監督・山内ケンジ)『歓待』(11/監督・深田晃司)『キツツキと雨』(12/監督・沖田修一)『マエストロ!』(15/監督・小林聖太郎)『トイレのピエタ』(15/監督・松永大司)など。公開待機作に『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16/監督・宮藤官九郎)がある。

市長選立候補者 くさかべ/鶴見辰吾

鶴見辰吾
1964年、東京都出身。1977年にデビュー後、「3年B組金八先生」シリーズ(79〜11/TBS)などの演技で注目を浴びる。『翔んだカップル』(80/監督・相米慎二)で映画デビューし、今日まで多くのドラマや映画で活躍を続ける。近年は『ストロベリーナイト』(13/監督・佐藤祐市)『ぼくたちの家族』(14/監督・石井裕也)『わたしのハワイの歩きかた』(14/監督・前田弘二)『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』(14/監督・永田琴)『GONIN サーガ』(15/監督・石井隆)などの映画出演作があるほか、『はなちゃんのみそ汁』(15/監督・阿久根知昭)『太陽』(16/監督・入江悠)の公開も控える。

泉の伯父 星嗣夫/榎木孝明

榎木孝明
1956年、鹿児島県出身。武蔵野美術大学に在学中の1978年、劇団四季に入団し、「リア王」をはじめ数々の舞台を踏む。83年に退団した後は朝の連続テレビ小説「ロマンス」(84/NHK)の主演でテレビデビュー。1995年〜2002年までは「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ」(CX)にて主役の浅見光彦を演じ、同シリーズの顔となる。映画の出演作には『雪の断章 -情熱-』(85/監督・相米慎二)『天と地と』(90/監督・角川春樹)『春の雪』(05/監督・行定勲)『半次郎』(10/監督・五十嵐匠)『婚前特急』(11/監督・前田弘二)『大奥〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇]』(12/監督・金子文紀)などがある。

浜口組組長 浜口/伊武雅刀

伊武雅刀
1949年、東京都出身。高校在学中に「高校生時代」(67/NHK)で俳優デビュー。1976年より過激なコントを送り出したラジオ音楽番組「スネークマンショー」に参加し、アルバムも発表するなどブームを巻き起こす。その後もテレビドラマや映画に出演。主な映画出演作は『ションベン・ライダー』(83/監督・相米慎二)『太陽の帝国』(88/監督・スティーブン・スピルバーグ)『四月物語』(98/監督・岩井俊二)『カンゾー先生』(98/監督・今村昌平)『御法度』(99/監督・大島渚)『ゆれる』(06/監督・西川美和)『キツツキと雨』(12/沖田修一)『繕い裁つ人』(15/監督・三島有紀子)『後妻業』(16/監督・鶴橋康夫)ほか。

目高組若頭 土井/武田鉄矢

武田鉄矢
1949年、福岡県出身。大学在学中に「海援隊」を結成し、1972年にプロデビュー。「母に捧げるバラード」などのヒット曲を発表する。『幸福の黄色いハンカチ』(77/監督・山田洋次)で俳優としてのキャリアをスタートさせ、同作で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。「3年B組金八先生」シリーズ(79〜11/TBS)で演じた熱血教師の坂本金八は当たり役となる。映画『刑事物語』シリーズ(82〜87)で原作・脚本・主演を手がけ、「プロゴルファー織部金次郎」シリーズ(93〜98)では原作・脚本・監督・主演をつとめた。近年の出演映画には『くじけないで』(13/監督・深川栄洋)『振り子』(15/監督・竹永典弘)などがある。

PAGE TOP